サッカーは点を取らない限り、勝つことができないスポーツです。 つまり、点を取らせなければ、負けることがないのです。 そのため、ディフェンスというプレイは、オフェンスに比べると地味なイメージがありますが、サッカーにおいて非常に重要だと思ってください。 では、どのような練習をすれば、ディフェンスが上達するのでしょうか? ディフェンスの練習で大事なことは、大きく分けて2つあります。 ・基本姿勢を覚える ・失敗した原因を考える まず、ディフェンスには基本姿勢というものがありますから、これを最初にマスターする必要があるでしょう。 ディフェンスの基本姿勢は、「足を肩幅くらいまで開く」「重心を低くする」「片足を少しだけ前に出す」というのがポイントです。 この基本姿勢を覚えることで、相手のプレーに対応しやすくなります。 そして、一対一のディフェンス練習で相手に抜かれた場合は、どうして抜かれたのかを冷静になって考えてみましょう。 体格やスピードのせいにしていては上手くならないので、原因から改善策を見つけてください。